home news tour video disco bio media blog contact
image
Glorious Fanfare/Vortex
Vortex/Vortex
Spiritual Road/Vortex
Violin Etude No.2/Vortex
Full Trial listening/NEO

7月, 2012



今日の座間のコンサートに来て下さった方々ありがとうございました。
このコンサートを最後にしばらく日本では公演が無いので自分の中ではくぎりとなる公演でした。
今日も温かく、素敵なお客さん達のおかげで僕もそれに応えた音を届ける事が出来たと思います。
今日のアンコールの即興のお題は「原発」でした。
あまりにも複雑な題なので、何十分も続いてしまうのじゃないかなと思いましたが、
集中して形に出来ました。いつかCDに入れるかも。
さて、次の演奏予定は台湾です、初台湾めっちゃ楽しみです!安藤さんと一緒。
そして、新しいプロジェクトを2つ考えています。嬉しい悩みだ。

今から東京に帰ります。8月4日まで滞在しているので何かあれば連絡下さい!
そして、明日は神奈川県のハーモニーホール座間でコンサートです。
このコンサート後はしばらく日本での公演はありません。

2012/7/29 (日) 15.30 開場 16.00 開演
ハーモニーホール座間 
全席自由〜前売:3,000円 当日:3,500円
会場住所:神奈川県座間市緑ヶ丘1-1-2
http://www.ny.airnet.ne.jp/harmony/kouen.htm#tenpei

「深そうな音楽」と「深い音楽」では大きく違う。
それと同じく「評論家からみた超絶技巧」と演奏家だけが知りうる「真の超絶技巧」では大きく違う。
シフラはその両方で理不尽に評価されていない人だと常々思う。

2012/7/29 (日) 15.30 開場
ハーモニーホール座間 16.00 開演
入場券は全席自由〜
前売:3,000円 当日:3,500円
会場住所:神奈川県座間市緑ヶ丘1-1-2、ハーモニーホール座間

http://www.ny.airnet.ne.jp/harmony/kouen.htm#tenpei

ウソー!!何この情報!!!信じられんくらいビックリやねんけど!!!すっごい複雑な気持ち…。
マリナーズが好きなので悲しいけど、NYの家から2駅のヤンキースタジアムでレジェンドを観れるのは幸せの極み。
この気持ちどう表現したらいいかわからんけど、朝8時なんでもう寝ます…。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120724-00000280-yom-base
【読売新聞より転載】
イチロー、ヤンキースへ…2投手と交換トレード。読売新聞 【シアトル=萱津節】米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(38)が23日、ヤンキースにトレードで移籍した。同日、両球団から発表された。ヤンキースの2投手との交換トレード。イチローは今季開幕で3番を任されるなど、シーズン連続200安打が途絶えた昨季からの復活を期したが、ここまで打率2割6分1厘と伸び悩み、マリナーズもア・リーグ西地区の最下位に低迷している。ヤンキースは今季、黒田博樹投手(37)の活躍もあり、ア・リーグ東地区の首位。3年ぶりのワールドシリーズ制覇を目指している。




[amazon]  [iTunes]




[amazon]  [iTunes]





[amazon] [iTunes]




[amazon]

行動力とは 【2012.07.23 07:45 pm】

リカバリー出来るぐらいのリスクなら恐れずに足を踏み出して挑戦して下さい。
いくら景色を想像しても山頂に登れば違う景色が向こうに見えるはずです。
その景色を見てから真の能力が問われます。



Thank you everybody for your kind birthday wishes!!
みなさん、お誕生日のお祝いのメッセージやコメント、
心からありがとうございます。
32歳の1年間は蛹から蝶になる様に再び進化した音楽家天平を目指す1年にしたいと思います。
誕生日の7月19日は富士市のロゼシアターでコンサートでした。
コンサートの合間に皆さんが合唱してくれたり、
メッセージ用紙を下さったり温かい聴衆とスタッフに囲まれて本当に素敵な誕生日を過ごせました。
そしてロビーにはファンの方達からの心の籠った豪華な花が!!凄く嬉しかったです。
ロゼシアターはとても音が綺麗に響く素敵なホールで、
集中して自分の想いを音にのせる事が出来ました。
この日は僕の両親もホールに足を運んでいて、アンコールでは僕の我がままで
両親の為に「ありがとう」の想いを込めた即興も弾かせて頂きました。
本当に素敵な誕生日になりました…。ありがとう。







1. 火の鳥
アルバムのタイトルにもなった象徴的な曲、火の鳥。Journey in Europe曲集は火の鳥で始まり、同じテーマとなるメロディーを持つEnd of Journeyで終わります。魂を燃やし、火の鳥となり空へ舞い上がる様子を表現しました。

1. Phoenix
Phoenix, which is also the album’s title, is a symbolic track.  The Journey in Europe collection begins with Phoenix and ends with End of Journey, which has the same melodic theme. I have expressed the image of the burning of the soul and becoming a Phoenix that flies to the sky.

2. History of Warsaw
旅の中で訪れたワルシャワでのコンサートのアンコールで弾いた即興がHistory of Warsawのもとになった。ワルシャワは悲しい戦争の歴史が幾度もあり、そしてそれを乗り越えてきた。そんな誇り高きポーランド人達の心の強さと優しさに対する敬意、そしてワルシャワの教会に眠っているショパンの心臓への想いが自然と即興に込められたのだろう。

2. History of Warsaw
The improvised piece I did for an encore at a Warsaw concert became the base for History of Warsaw. Warsaw has been through many sad wars and have overcome them. The respect towards the strength and kindness of such proud Polish people, and my feelings for Chopin’s heart that lay in the church of Warsaw, must have naturally found their way into the improvisation.

3. ウクライナ幻想曲
3ヶ月半の長い旅の最後の国となったウクライナ。 そこには音楽に対する感謝の気持ちと情熱を魂から表現する人達がいた。
優れた作曲家やピアニストが生まれた音楽の土壌や文化の背景を持ち、民衆達もまた音楽への情熱を強く持つ。国の経済的な側面から国際的に音楽の中心地とは言い難いが、彼等は音楽の持つ本当の価値を知っている。そのウクライナでのコンサートで観客の熱気や高揚感を肌で感じ、コンサートの冒頭で演奏した即興をもとに構築したのがウクライナ幻想曲だ。

3. Ukrainian Fantasy
Ukraine was the last country of the long three and a half month journey. There, I found people that expressed their passion and gratitude towards music from their souls. It has given birth to excellent composers and pianists, having a great musical and cultural background.  The people also possess a strong passion for music. From an economical stand point, it’s difficult to say they are the center of music internationally, but they know the true value of music. Ukrainian Fantasy was created by feeling the passion and sense of exaltation from the crowd, during the concert and the improvisation played in the opening.

4. 夜行列車
ヨーロッパ間を移動する時によく夜行列車に乗った。その時の体験を2011年のコンサートで即興で表現して、それに少しアレンジを加えたのがこの曲。真っ暗な闇の中をただひたすら進み、時には駅も何も無い所で止まる。真夜中寝ている時に国境で電車が止まると、一つ一つの部屋に男が入って来てパスポートのチェックが始まる。日本では非日常的なこういう状況が妙に嬉しかった。次に到着する国で何をしようかと考え、旅の中の自分と向き合う。この闇の中だからこそ生きている実感が沸いた。旅は進む、闇を走る夜行列車の中で、たんたんと。

4. Night Train
I took the night train a lot while traveling through Europe. I did an improvisation based on these experiences during a concert in 2011.  I arranged this a little to make this piece. Traveling through the darkness.  Sometimes stopping at empty places that weren’t even stations. When the train stops in the middle of the night at the border while I’m sleeping, a man comes into each room checking passports. These extraordinary experiences not found in Japan made me happy. I would think of what to do in the next country.  I would face myself, the traveler. It was because I was in this darkness that I felt alive. The journey continues, inside the moving night train, steadily.

5. End of Journey
2010年6月からの3ヶ月半のヨーロッパ音楽修行の旅の果てにこの曲に辿り着いた。様々な国で感じた音楽、文化、出会い、経験、たくさんの想い出、それら全てが込められた曲。それはロマンティックで、時に賑やかで、そして旅の終わりは達成感と寂しさに満ちている。

5. End of Journey
Three months and a half from June 2010, my European musical journey lead me to this track. This track encompasses the music, culture, people I met, experiences, and the many memories made  in various countries. Sometimes romantic, sometimes full of life, the end of the journey is filled with accomplishment and sadness.

6. レクイエム Requiem & 7. Rising Sun
2011年3月11日に起こった東日本大震災、その時僕はNYのアパートにいた。僕自身、阪神大震災で家が全壊した時は若すぎて何も出来なくて歯がゆかった経験がある。遠くで起こる悲劇を目の当たりにし、今こそ自分に出来る何かがしたいと思った。そして、地震が起こった数日後にはレクイエムとRising Sunを完成させていた。亡くなった方々への安らぎをこめたレクイエム、日の出の様に日本のみんなに元気を与えたいという想いで作ったRising Sun。そんな想いからRising Sunは自分で作詞をし、ヴォーカル曲にしました。いずれも初めての試みです。ヨーロッパ、アメリカ、日本と世界中でのチャリティーコンサートでこの曲を演奏しています。そして被災地にピアノと演奏を送るプロジェクト[Rising Sun]を行なっています。詳しくは僕のHome Pageをご覧になって下さい。一人でも多くの人が協力して下さる事で、被災地にいる多くの人に音楽の輪を広げる事が出来ます。

6. Requiem & 7. Rising Sun
I was in my NY apartment when the Great East Japan Earthquake hit on March 11, 2011. I remember when my house burned down during the Great Hanshin Earthquake.  I felt powerless, unable to help being so young. Witnessing a tragedy from afar, I wanted to do something this time. And days after the earthquake, Requiem and Rising Sun were completed.  Hopes of giving comfort and peace for the lost lives were poured into Requiem.  Hopes to lift the spirits of the people in Japan like a rising sun was chiseled into Rising Sun. From these emotions, I wrote lyrics and made Rising Sun into a song, which were both first time attempts. I play this around the world in Europe, the USA, and Japan, at charity concerts. I am also involved in the project Rising Sun, sending piano and performance to the disaster sites. For details, please visit my website. The more people that can cooperate, the more people we can reach with music in the disaster sites.

Rising Sun Lyrics

さあ 朝日浴び この命 噛み締めて
これから 生きる道を 一緒にみつけよう ここがスタート
Now, bathe in the sunlight and bite into this life
Let’s find your path of life, together, this is the beginning

さあ 元気出し 上向いて 歩こう
繋いだ 手を離さないで 未来へ進むんだ ここがスタート
Now, lift your spirits, lift your head up and let’s walk
Hands held and not letting go, towards the future, this is the beginning

空 見上げてみて 君と僕 繋がっているでしょ
どんなに 遠くにいても 命を感じ合える事が大事
Look up to the sky, see, you and me, we’re connected
No matter how far, it’s important that we can feel each other’s lives

悲しみを 忘れないで 今も苦しむ 人達がいる
見えない恐怖におびえながら 戦っている彼等に光を
Don’t forget sadness, there are still people that suffer
Fighting fear invisible, shed light to those that fight

空 見上げてみて 君と僕 繋がっているでしょ
どんなに 遠くにいても 命を感じ合える事が大事
Look up to the sky, see, you and me, we’re connected
No matter how far, it’s important that we can feel each other’s lives

いつか命が消えるなら 愛する人の為に
生きて行く そして生まれて来た 意味を知るよ
みんな命は全て 繋がってるから
If life will disappear one day
Live for the one you love, and know the reason why you were born
Because all of our lives are connected

さあ 立ち上がれ 太陽が登る様に
みんなで 手を繋ぎながら 足を踏み出そうよ
光浴びながら ここがスタート
Now, stand up and rise like the sun does
Let’s all hold hands and take a step
Bathing in light, this is the beginning

このよにうまれてきて 嬉しい事が二つある
君と巡り合えた事 生きる意味見つけた事

Being born in this world, there are two happy things
Meeting you, and finding the reason to live

9. 奇跡の法則  Miracle is in the Method
不可能だと言われている脊髄損傷者の失われた機能の回復、それを可能にした技術をアメリカで勉強して日本に持ち帰りJ-Workoutというジムを立ち上げた渡辺淳さん。
Mr. Jun Watanabe started a gym after bringing the skills he learned in the USA on reviving the functions of spinal damage that was said to have been impossible to cure.

脊髄を損傷してしまった彼の親友を助けたいと強く思い、この道を選んだ彼。彼の登壇をTEDxSeedsで聞き、大きく感動した。
He chose this path with the wish to save his best friend that had spinal injury. I was deeply moved listening to his TEDxSeeds rostrum.

こんなに行動力と情熱と愛情を持てる彼を尊敬し、いつか一緒に何か出来ればと思った。
しかし、その登壇から一週間後に不慮の自己で渡辺淳さんが亡くなられた事を突然聞かされた。
I respected his actions, passion, and love he had, and wished to be able to do something together someday. However, I learned that a week after that speech, Mr. Jun Watanabe had passed away due to an accident.

とても信じられず、実感がわかなかった。彼の身近にいた人達の悲しみはもっと計り知れないだろう。
そんな想いからこの曲を作りました。彼への敬意、彼の仲間達とリハビリを続ける人達へのエールを込めた曲です。
I couldn’t believe it and the reality didn’t sink in.  Those close to him must have been devastated. I created this piece with these thoughts.  This piece includes respect for him and encouragement for his friends and those that undergo rehabilitation.

Rising Sun同様初作詞、初ヴォーカル曲です。
英語のタイトルの”Miracle is in the Method”は彼のモットーであり、
『奇跡的な事には必ず法則が存在する。初めの一歩だけだと奇跡でしかないが、
百歩進めばそれは当り前になり、そこには法則がある。』というメッセージである。
Like Rising Sun, this is the first time writing lyrics as well as is a vocal track.  The English title, Miracle is in the Method, was his motto with the message being, “There is always a method that exists for miracles.  The first step is just a miracle, 100 steps makes it common, and there lies a method.”.

Miracle is in the Method Lyrics
夢への道のりは 厳しくて 心が折れそうに なるけれど 君がいる
The road to my dreams is hard, and sometimes I feel I’ll give up, but you’re there

歩き出した この道を 笑顔で着いて来て 手をつないだ 仲間がいる
The road I started to walk, is shared by the smiles and hands of friends

希望 なくして 泣いて泣いてたあなたが 奇跡を信じて 心がキラリと輝く
Hope lost, in tears, you were crying – believing in a miracle, your heart glimmers

夢をすてないで 光はやってくるから 涙 希望にかえて 進むんだ
Don’t throw away your dreams, the light will shine through, turn your tears to hope and move on

ほら あなたは 一人じゃない 奇跡の扉が 今開くよ
See, you are not alone, the doors of miracles are about to open

10. 幻想曲
この曲はプログレッシブロックから影響を受けており、ドラム、ベース、鍵盤のトリオバンドをピアノ一台で表現しようとした曲です。幻想曲(ファンタジー)とは今までの形式に捉われない独創的な形式で、変拍子やジャンルを越えた展開を試み、曲想自体も冒険や宇宙世界などを空想させるような曲想なのでファンタジーと命名しました。

10. Fantasy
This track was influenced by progressive rock and I tried to express the drum, bass, keyboard trio band with one piano.  Fantasy is a unique style that isn’t confined to any style, and with irregular meters and different genre progressions, the piece itself has an ambience that allows you to imagine adventure and space travel, therefore I named it Fantasy.

11. 一期一会
大学時代の恩師や親友たちとの想い出を込めた曲です。「一期一会」とは、「何度出会う人とでもその日その日の出会いはもう二度とやってこないから、一生に一度の出会いのごとく心を尽くせ」と言う意味です。聴く人も自分自身の大切な出会いをこの曲に投影してもらえると嬉しいです。

11. Ichigo-ichie (Treasure every encounter, for it will never recur)
This track is about the memories with my best friends and mentor from my college days.  “Ichigo-ichie” means “Treasure every encounter, like it will never recur”.  I hope that people can reflect on their own cherished encounters when listening to this piece.

12. フレイム
大学卒業前に作った曲。今作では冒頭に緩やかな部分を追加しました。人は何かのきっかけで炎の様に激しく興奮したり怒ったりし、かと思えば何かのきっかけで蝋燭の火の様に穏やかになったりする。そんな炎の様な人間の感情を表現した曲です。

12. Flame
A track created before I graduated college.  In this album, I added a gradual opening.  Something may trigger a person to get excited or angry like a blazing flame, or something may trigger a person to be as calm as a gentle candle light.  This track expresses such flame-like human emotions.



昨日は大阪芸大のオープンキャンパスで演奏させて頂きました。
やはり自分の母校なので何か貢献出来る事があれば、積極的にしたいですね。
懐かしかったし、今の学生達の演奏も少し聴く事が出来て嬉しかったです。
みんなこの4年間に色んな想いをはせてピアノを弾いて来たんやろうな…。
卒業してから留学するとか言ってた子もいたけど、青春真っただ中やろうな。
俺は大学の時に今の自分よりもっともっと高みを目指して勉強していました。
大学生の俺に出会ったら「あんたまだ世界で成功出来てないん!?」って言われそうです(笑)
でもね、勝算は結構あるんですよ。
俺が35,6歳くらいの時にはそこに辿り着いている未来のイメージが見えます。
なので明日からも毎日毎日を頑張る。









コンサート概要 : http://www.tempei.com/japan/?p=786

皆様、待ちに待った紀伊半島秘境コンサートツアーが今日から開幕致します!
1日目は高野山の中央公民館で行なわれます。
7月3日(火)19:00開演  和歌山県高野町 中央公民館
そして追加公演の情報です、9日に本宮でも行なう事になりました。
7月9日(月)14:20開演  和歌山県本宮 本宮中学校体育館
11日間で13公演と濃厚な日程ですが、秘境を充分堪能出来そう…。幸せです。
ここ数日はあいにくの雨ですが野外でするわけではないですし、
コンサートはきっと楽しんで頂けると思うので是非足を運んで下さいね。
雨に濡れた山道には充分お気をつけ下さい。

2012紀伊半島秘境コンサートツアーのスケジュールです。
各会場入場無料、自由席となっております。

7月3日(火)19:00開演  和歌山県高野町 中央公民館
7月4日(水)19:00開演  奈良県天川村 洞川中学校
7月5日(木)14:00開演  奈良県十津川村 十津川中学校
7月6日(金)14:00開演  三重県熊野市 入鹿中学校
7月6日(金)18:30開演  三重県熊野市神川町 旧神上中学校
7月7日(土)15:00開演  奈良県下北山村 きなりの郷 吉野杉ホール
第2部 18:30開始(要予約、詳しくはきなりの郷のHPトップをご覧下さい)
http://www.kinarinosato.net/
7月8日(日)18:30開演  三重県熊野市波田須町 天女座ホール
7月9日(月)14:20開演  和歌山県本宮 本宮中学校体育館(追加公演)
7月10日(火)18:30開演  三重県紀北町 赤羽地区若者センター
7月11日(水)18:30開演  和歌山県田辺市中辺路町コミュニティセンター
7月12日(木)14:00開演  和歌山県那智勝浦町 色川中学校
7月13日(金)13:00開演  和歌山県古座川町公民館

各会場へのルート案内を下記リンクで見る事が出来ます。(一部通行止有り)
http://www.kinarinosato.net/天平秘境ツアールート案内/
※道路通行止め情報※
台風により熊野方面から【旧神上中学校】への最短アクセスが寸断されているので、
熊野、尾鷲、愛知方面から来られる方は309号線・169号線で五郷を通るルートをお勧めします。
それと、奈良県下北山村方面から紀和町へのルートはほぼ寸断されていると言っても過言ではありませんので、
国道42号線側から紀和町へのアクセスをお奨めします。
また【きなりの郷】に来る手段で関東、東海方面から車でお越しの方には、
現在尾鷲市に短い高速が出来、その入口付近の道案内看板に【下北山村→425号】とありますが
通れない可能性があるので、必ず尾鷲を過ぎ飛鳥町からの309号からのルートをお勧めします。
上記リンクでは通行止め情報が反映されていないので、添付マップを参照して下さい。

 
コンサート情報

メールマガジン登録はこちら
日本語版


English Mail Magazine

youtubeAmazoniTunesfacebooktwitter


【4th CD "Vortex"】 Neo Resistance 4

【1st CD "NEO" / Quartetto】 Neo Resistance 4

【3rd CD "Phoenix"】 Neo Resistance 4

【2nd CD "TSUBASA"】 Neo Resistance 4

【1st CD "TEMPEIZM"】 Neo Resistance 4

【Project Rising Sun】 Neo Resistance 4

【Neo Resistance Quartetto】 Neo Resistance 4





Category

Archive

 


Copyright © 2008 Tempei Nakamura All Right Reserved.