home news tour video disco bio media blog contact
  • image
Glorious Fanfare/Vortex
Vortex/Vortex
Spiritual Road/Vortex
Violin Etude No.2/Vortex
Full Trial listening/NEO

5月, 2012



It is about my concert in Ukraine, which has been the last concert of my 3.5-month European tour in 2010.
The audience was so enthusiastic there, that inspired then the piece Ukrainian Fantasy.
http://www.youtube.com/watch?v=yBoXCQJkq9Y
3ヶ月半の2010年欧州修行の旅、最後の地のウクライナでのコンサートの映像をアップしました。
この時のコンサートがきっかけで3rdアルバム火の鳥に収録されているウクライナ幻想曲が出来ました。



It is about my concert in Ukraine, which has been the last concert of my 3.5-month European tour in 2010.
The audience was so enthusiastic there, that inspired then the piece Ukrainian Fantasy.
By the way, I’m leaving Japan for Italy today!
http://www.youtube.com/watch?v=yBoXCQJkq9Y
3ヶ月半の2010年欧州修行の旅、最後の地のウクライナでのコンサートの映像をアップしました。
この時のコンサートがきっかけで3rdアルバム火の鳥に収録されているウクライナ幻想曲が出来ました。
唐突ですが、今日イタリアへ発ちます!



5月17日に紀伊半島秘境コンサートツアーの記者会見が熊野市の吉野熊野新聞社で行なわれました。
実行委員会の栗須さん、東さん、調律師の大西さん、
たくさんの方々のおかげで記者会見を行い、7月3日から13日の秘境ツアーを迎える事が出来そうです。
その時に行った紀伊半島各地の写真と兵庫の竹田城へ行った時の写真をアップしました。
秘境ツアー本当に楽しみ、近々概要をアップさせて頂きたいと思います。



























プロジェクトRising Sunを応援して下さっている皆様、
5月3~6日の間に東北にピアノと音楽を届けて来ました。
今回は吉武大地、安藤啓雄、梶原ひろみ、天平のメンバーで行き、
行けなかった他の音楽メンバーTsukasa、熊井麗音、山下由紀子も次回一緒に伺いたいと思います。
3月7日に行なったチャリティーコンサートで得た資金、たくさんの寄付金、
そしてピアノを寄付して下さった皆様のおかげでプロジェクトの第一段階を成功させる事が出来ました。
今回の活動を下記に簡単にまとめさせて頂きました。

【ボランティアコンサート】
尚絅教会、チャの木、釜石の箱AOBA
【ピアノの寄贈&運送】
チャの木/グランドピアノ(提供者:堀江様)
釜石の箱AOBA/アップライトピアノ(提供者:小西様)
【ピアノの修理&調律】
尚絅教会/調律(ピアノ技師:遠藤様)
チャの木/修理&調律、釜石の箱AOBA/修理&調律(ピアノ技師:只野様)

そして、引き続き皆様の支援を必要としております。
今現在一番必要な情報は、「ピアノを必要としている被災地の施設」の情報です。
今回支援を行った様な、地域の人達が常に集まれて触れ合いが出来て、
ピアノを必要としている場所を知っておられる方がいたら下記まで情報を下さい。

僕達のプロジェクトの活動でそういう所に今後もピアノと音楽を届けて行きたいと思っています。
下記にて今回の活動の詳細を報告させて頂きたいと思います。

【一日目、仙台市】

5月3日は仙台市青葉区にある「日本バプテスト尚絅教会」へコンサートをしに行きました。
ここは元々アップライトピアノがありましたが、状態が悪かったみたいなので
プロジェクトのほうで調律と少しの修理をさせて頂きました。
調律を行なって下さった遠藤さん、ありがとうございました。



ここの教会は来年新しく教会を作られる予定でそこにグランドピアノを置きたいとの事。
是非このプロジェクトでピアノの寄付が実現出来ればと思っています。
ここの人達の笑顔と空気感がとても素敵でした。
僕の祖母くらいの歳の方達が各々生き甲斐を持って人生の幸せの意味を知っている。
そんな方達が集まるのがここ尚絅教会だと感じました。また是非来たい。
紹介して下さった中嶋さん、ありがとうございます。
その後、ピアノ教師の村上さんが宿を提供して下さって
ご自宅にメンバー全員お邪魔させて頂きました。ありがとうございます。

【二日目、気仙沼市】




5月4日は気仙沼の「チャの木」に演奏しに行く日です。
その前に、ピアノ支援のリクエストが来ている「もくもくハウス」に立ち寄りました。
木造の建築、そしてお土産物もほとんどが木工か自然のものという道の駅です。
素敵な空間でした。実現出来ればいいな。
気仙沼までの途中南三陸町を通りましたが、今も町はボロボロだし瓦礫でいっぱいです。




前日の夜に暴風雨が来たのでこの日は至る所で道が水没していました。
水上を走っているかの様な気分です。
幸い予定通り気仙沼の方に到着出来ました。



気仙沼にある「チャの木」というコミュニティカフェ。
コミュニティスペースと言った方がしっくりくるかもしれません。
ここの代表の小野寺さんの双子の息子さんは障害を持つ子供として生まれて来ました。
そして小野寺さんは障害者がもっとスムーズに社会と触れ合える環境を作って行きたいと思い、
この「チャの木」の様に障害者と地域の人達が身近に触れ合いが出来る空間を作られた様です。



ここには、静岡県伊東に在住の堀江さんが寄付して下さったグランドピアノを届けさせて頂きました。
修理と調律を行なった結果、ますますキラキラした音を奏でるピアノになってくれました!
堀江さん、ピアノ技師の只野さん、ありがとうございました。




ここの子供達はみんな活き活きとしていて、みんな音楽を心から楽しんでくれました!
ちなみに、僕は胃炎で絶食3日目だったのですが点滴も打っていなくて、
それを知った小野寺さんの息子さんから「天平さん点滴打たなくちゃダメだよ!!」
と心配されました(笑) しっかりしてるな〜。
そういう優しい心を持った子達が育つ「チャの木」応援して行きたいです。

【三日目、釜石市】



5月5日は釜石市の町のど真ん中にある「釜石の箱AOBA(復興ハウス)」に行きました。
ここには横浜の小西さんから寄付して頂いたアップライトピアノを届けさせて頂きました。
この日も調律をして頂いたのは只野さんです。小西さん、只野さんありがとうございました。



釜石は比較的復興のペースが早いようで、町の真ん中にある「釜石の箱AOBA」は
地域の人達に大いに活用されていると感じました。
ここの隣には仮設住宅があり、多くの人が頻繁にインターネットをしに来たり、
中学生がみんなで集まって遊んでいたりと人の出入りが多い賑やかな場所でした。
子供の日という事で、大ちゃんが急遽となりのトトロの「さんぽ」を歌い、
子供達おおはしゃぎ!みんなで手をつないで歌っていました。



この日の17時くらいには釜石を後にし、東京に帰る事に。
ゴールデンウィークという事もあり高速が混むかと思いましたが割とスムーズに行けました。
けど東京についてみんなを送って帰っていたら結局着いたのは6日の朝6時頃でしたが(笑)

ピアノと音楽を届けたいという想いで始まったプロジェクトRising Sun。
無事ピアノを届け、プロジェクトの第一段階が成功し安心しました。
もちろん今現在もピアノの寄付の計画は進んでいます。
「もくもくハウス」や相馬にある施設にもピアノを寄贈するプランがあり、
その時にはまた改めて報告させて頂きたいと思っています。

そして、再度申し上げますが引き続き皆様の支援を必要としております。
今現在一番必要な情報は、「ピアノを必要としている被災地の施設」の情報です。
情報をお持ちの方は下記までご連絡頂ければ幸いです。

このプロジェクトを支援して下さっている皆様、本当にありがとうございます。
そして今後ともご支援よろしくお願い致します。



プロジェクトRising Sunを応援して下さっている皆様、
5月3~6日の間に東北にピアノと音楽を届けて来ました。
今回は吉武大地、安藤啓雄、梶原ひろみ、天平のメンバーで行き、
行けなかった他の音楽メンバーTsukasa、熊井麗音、山下由紀子も次回一緒に伺いたいと思います。
3月7日に行なったチャリティーコンサートで得た資金、たくさんの寄付金、
そしてピアノを寄付して下さった皆様のおかげでプロジェクトの第一段階を成功させる事が出来ました。
今回の活動を下記に簡単にまとめさせて頂きました。

【ボランティアコンサート】
尚絅教会、チャの木、釜石の箱AOBA
【ピアノの寄贈&運送】
チャの木/グランドピアノ(提供者:堀江様)
釜石の箱AOBA/アップライトピアノ(提供者:小西様)
【ピアノの修理&調律】
尚絅教会/調律(ピアノ技師:遠藤様)
チャの木/修理&調律、釜石の箱AOBA/修理&調律(ピアノ技師:只野様)

そして、引き続き皆様の支援を必要としております。
今現在一番必要な情報は、「ピアノを必要としている被災地の施設」の情報です。
今回支援を行った様な、地域の人達が常に集まれて触れ合いが出来て、
ピアノを必要としている場所を知っておられる方がいたら下記まで情報を下さい。

僕達のプロジェクトの活動でそういう所に今後もピアノと音楽を届けて行きたいと思っています。
下記にて今回の活動の詳細を報告させて頂きたいと思います。

【一日目、仙台市】

5月3日は仙台市青葉区にある「日本バプテスト尚絅教会」へコンサートをしに行きました。
ここは元々アップライトピアノがありましたが、状態が悪かったみたいなので
プロジェクトのほうで調律と少しの修理をさせて頂きました。
調律を行なって下さった遠藤さん、ありがとうございました。



ここの教会は来年新しく教会を作られる予定でそこにグランドピアノを置きたいとの事。
是非このプロジェクトでピアノの寄付が実現出来ればと思っています。
ここの人達の笑顔と空気感がとても素敵でした。
僕の祖母くらいの歳の方達が各々生き甲斐を持って人生の幸せの意味を知っている。
そんな方達が集まるのがここ尚絅教会だと感じました。また是非来たい。
紹介して下さった中嶋さん、ありがとうございます。
その後、ピアノ教師の村上さんが宿を提供して下さって
ご自宅にメンバー全員お邪魔させて頂きました。ありがとうございます。

【二日目、気仙沼市】




5月4日は気仙沼の「チャの木」に演奏しに行く日です。
その前に、ピアノ支援のリクエストが来ている「もくもくハウス」に立ち寄りました。
木造の建築、そしてお土産物もほとんどが木工か自然のものという道の駅です。
素敵な空間でした。実現出来ればいいな。
気仙沼までの途中南三陸町を通りましたが、今も町はボロボロだし瓦礫でいっぱいです。




前日の夜に暴風雨が来たのでこの日は至る所で道が水没していました。
水上を走っているかの様な気分です。
幸い予定通り気仙沼の方に到着出来ました。



気仙沼にある「チャの木」というコミュニティカフェ。
コミュニティスペースと言った方がしっくりくるかもしれません。
ここの代表の小野寺さんの双子の息子さんは障害を持つ子供として生まれて来ました。
そして小野寺さんは障害者がもっとスムーズに社会と触れ合える環境を作って行きたいと思い、
この「チャの木」の様に障害者と地域の人達が身近に触れ合いが出来る空間を作られた様です。



ここには、静岡県伊東に在住の堀江さんが寄付して下さったグランドピアノを届けさせて頂きました。
修理と調律を行なった結果、ますますキラキラした音を奏でるピアノになってくれました!
堀江さん、ピアノ技師の只野さん、ありがとうございました。




ここの子供達はみんな活き活きとしていて、みんな音楽を心から楽しんでくれました!
ちなみに、僕は胃炎で絶食3日目だったのですが点滴も打っていなくて、
それを知った小野寺さんの息子さんから「天平さん点滴打たなくちゃダメだよ!!」
と心配されました(笑) しっかりしてるな〜。
そういう優しい心を持った子達が育つ「チャの木」応援して行きたいです。

【三日目、釜石市】



5月5日は釜石市の町のど真ん中にある「釜石の箱AOBA(復興ハウス)」に行きました。
ここには横浜の小西さんから寄付して頂いたアップライトピアノを届けさせて頂きました。
この日も調律をして頂いたのは只野さんです。小西さん、只野さんありがとうございました。



釜石は比較的復興のペースが早いようで、町の真ん中にある「釜石の箱AOBA」は
地域の人達に大いに活用されていると感じました。
ここの隣には仮設住宅があり、多くの人が頻繁にインターネットをしに来たり、
中学生がみんなで集まって遊んでいたりと人の出入りが多い賑やかな場所でした。
子供の日という事で、大ちゃんが急遽となりのトトロの「さんぽ」を歌い、
子供達おおはしゃぎ!みんなで手をつないで歌っていました。



この日の17時くらいには釜石を後にし、東京に帰る事に。
ゴールデンウィークという事もあり高速が混むかと思いましたが割とスムーズに行けました。
けど東京についてみんなを送って帰っていたら結局着いたのは6日の朝6時頃でしたが(笑)

ピアノと音楽を届けたいという想いで始まったプロジェクトRising Sun。
無事ピアノを届け、プロジェクトの第一段階が成功し安心しました。
もちろん今現在もピアノの寄付の計画は進んでいます。
「もくもくハウス」や相馬にある施設にもピアノを寄贈するプランがあり、
その時にはまた改めて報告させて頂きたいと思っています。

そして、再度申し上げますが引き続き皆様の支援を必要としております。
今現在一番必要な情報は、「ピアノを必要としている被災地の施設」の情報です。
情報をお持ちの方は下記までご連絡頂ければ幸いです。

このプロジェクトを支援して下さっている皆様、本当にありがとうございます。
そして今後ともご支援よろしくお願い致します。



5月3日の夜中2時に出発して明け方の9時半にホテルに到着、
2時間ほど仮眠をとった後、日本バプテスト尚絅(しょうけい)教会で16時からコンサートを行ないました。
ここのピアノの調律をプロジェクトライジングサンの活動の一環で行ないました。
紹介して下さった中嶋さん、調律して下さった遠藤さん、
チャリティーに参加してくれて支援して下さった皆様ありがとうございます。
強い雨にもかかわらず、集まって下さった方々に感謝です。
遠い所は秋田、茨城、なんと三重からも!

僕自身温かい気持ちをお客さんから頂いたコンサートでもありました。
コンサート後、尚絅教会の方達とお茶を飲みながら色々お話しました。
何でも、新しく立派な教会を作られる予定でそこにグランドピアノを置きたいとの事。
是非プロジェクトライジングサンで実現させたい!
だって、ここの人達の笑顔と空気感が素敵なんやもん!
僕のおばあちゃんくらいの歳の方達が一人一人生き甲斐を持って人生の幸せの意味を知っている。
そんな方達が集まるのがここ尚絅教会だと感じました。
僕も、他のメンバーもまた是非来たいと思いました。
みなさん、また来ます。

その後、宿を提供して下さったピアノ教師の村上さんと息子のケイタ君とメンバーとで
夜中3時まで震災の事、放射能の事、人生の事を語り尽くしました。
でも、こんな事を真剣に話し合える仲間を持てた事を本当に嬉しく思います。
みんな、出会えて良かったね。そしてありがとう。
あ、みんなと一緒にいると何か体調が良くなってきました。
たくさん笑っているからかな(笑)

明日は気仙沼のチャの木。
ここには静岡の堀江さんからの寄付のグランドピアノを届けました。
気仙沼は大雨で避難勧告出ているらしいけど無事にコンサート出来ればいいな。
では、夜も遅いのでもうそろそろ寝ます。大ちゃんと安藤さんの間に挟まれながら。

 
コンサート情報

メールマガジン登録はこちら
日本語版


English Mail Magazine

youtubeAmazoniTunesfacebooktwitter


【4th CD "Vortex"】 Neo Resistance 4

【1st CD "NEO" / Quartetto】 Neo Resistance 4

【3rd CD "Phoenix"】 Neo Resistance 4

【2nd CD "TSUBASA"】 Neo Resistance 4

【1st CD "TEMPEIZM"】 Neo Resistance 4

【Project Rising Sun】 Neo Resistance 4

【Neo Resistance Quartetto】 Neo Resistance 4





Category

Archive

 


Copyright © 2008 Tempei Nakamura All Right Reserved.